First Album of まついの作品館

オリジナル4曲とカバー1曲の計5曲。 最初に作った5曲でもある。 オリジナル曲はどれも素直な感情を歌い綴ったものが多く、曲の出来としてはまだ未熟なところもあるが、どれも渾身の一曲である。

5 tracks / 27:42 / January 24, 2020


  • 【オリジナル曲】未来へ進め

    KAZU

    中学生の時に作詞作曲した曲。約7年ものあいだ頭の中に残り続け、ついに2019年に編曲し、オーソドックスロックバージョンとして再現された、思い出の一曲。

  • 【オリジナル曲】紅葉

    KAZU

    毎年秋に差し掛かると、同じような感情が湧いてくる。何か寂しいような切ないような。 夏が終わってしまうのが悲しく、何か秋になるのを受け入れられないような気持ちになることがある。 しかし、日が進み秋が深まれば深まるほどその魅力に染まっていく。 そんな情景を描いた作品だ。 皆は秋になるとどんな感情を抱くだろうか?

  • 粉雪/レミオロメン-covered by KAZU

    KAZU

    最初のカバー曲。 特徴としては、ピアノオンリーアレンジなところで、通常のピアノのではなくDTM音源のピアノだということ。 さらに言えば、アレンジ形態はピアノアレンジと言うよりはどちらかと言うと原曲に近く、特にベースパートはほぼ原曲通りに再現している。

  • 【オリジナル曲】偉大なる大空

    KAZU

    1番最初にリリースした曲で、1番思い入れのある曲と言ってもいいかもしれない。 まさに渾身の一曲だ。 あとできればこの曲は、実際に外の空を眺めながら聞いて欲しいなあ、と筆者は思っている。

  • 【オリジナル曲】SUNNY DAYS

    KAZU

    元気のある明るい曲。 歌詞だけ読んでもひたすら前向きな曲だ。 これを聞いて、皆の心も、sunny days!になって欲しいなあと思う。